福井映画祭2012一次審査 発表

今年も福井映画祭に沢山のご応募いただき、ありがとうございました。

今年は3部門合わせて、合計249作品(短編118作品・中編84作品・長編57作品)となり、海外(アメリカ・中国)からのご応募もいただきました。

一次審査は全作品を鑑賞した福井映画祭スタッフ有志で選ばせていただきました。映画業界が大作と、ローパジェットに極端に分かれる中、自主映画においても、映画・映像業界で活躍される方達から高校生まで、年齢も職業もキャリアも違う、幅広い方達が作品制作を行われており、今まで以上に一括りにはできない多様化が進んでいると感じております。例年にもまして、優れた作品が多い中、審査は難航しましたが、以下29作品を一次審査通過作品とさせていただきました。

 

続きを読む…

うつす和紙更新

和紙のスクリーン

 

このブログでも以前書きました

越前和紙の里卯立の工芸館で展示されている、うつす和紙展の

映像をうつしている和紙が、新しい物に変わりました。

 

続きを読む…

福井映画祭2011受賞結果発表!

本年度上映された16作品の中から、各賞を受賞した作品は以下のようになりました。

 

グランプリ(観客賞) ・短編部門

「壁女」監督:原田裕司 (17分/ドラマ)

 

グランプリ(観客賞) ・長編部門

「夕暮れ」監督:戸田彬弘 (119分/ドラマ)

 

田中監督賞

「ENCOUNTERS」監督:飯塚貴士 (30分/人形劇)

 

審査員特別賞

「ひびり」監督:新井哲 (19分/ドラマ)

 

各作品の受賞コメントは後日準備でき次第掲載させて頂きます。

受賞された皆様大変おめでとうございます。そして本年度の福井映画祭に上映・応募していただいた皆様、本当にありがとうございました。